7/19 ここから始まった。

どーも。ダメ人間脱出の思い出オレです。

大学受験に失敗し

公務員試験にも失敗し

ブラブラ遊び呆けた19、20歳時分。

ふとね

“あっ オレ ダメ人間なる…”

思て

急に就職活動はじめたんです。

コンビニ行って就職マガジン買いまくって

片っ端から電話に履歴書送付。

4つ面接してもらって 一番最初に返事くれたこの会社で

社会人一年生を迎えました。

南大阪の中堅の不動産会社。

世間知らずで根拠の無い自信でやりたい盛り。

今考えたらめちゃくちゃ恥ずかしいこともいっぱいした。

先輩にはたくさん迷惑おかけしたなって^^;

めちゃくちゃ教えてもろたなぁ。

オレ、ここで一年生してほんまにヨカった。

軍隊みたいな会社で直の上司は相当厳しかったけど

おかげでその後3社転職しましたがホンマ誰にも負ける気せなんだ。

会社人とは!社会人とは!

の感覚を身に付けることができたんも最初の会社があったから。

今までいろんな人に会ってきたけど

この一番最初の上司が最強やったし

人生を変えてくれた人で今でも尊敬し続けてます。

辞めて20年なんですけどね…

まだ会いに行けてないんですよね^^;

「お前みたいなんまだまだや!」

言われそうで^^;

“いつか一緒に御飯食べたい”

思いながらね…

こないだフラ〜っと藤井寺へ^^;

まだ会う気もないし

ただただ懐かしむためだけにフラ〜っと^^;

20年ぶりのこの会社も変わらずその場所にあった。

緊張した^^;

前通っただけで^^;

僕の職歴ってこんな感じ。

不動産会社

賃貸会社A

アパレル

賃貸会社A(出戻り)

ミナージュ立ち上げ

どの会社も勉強なったし全部が僕の礎なってます。

でもこの一番最初の会社で森係長に出会わなければ

今の僕は 絶対 ない。

森係長も今や常務取締役だそう…。

(ホームページ情報…)

僕が教えてもろてた時 森係長は25歳でした。

「増原、オレらは社長がいらっしゃって会社があるから毎日生活出来る。会社のために何が出来るか毎日考えて、自分が出来る精一杯を一生懸命やってたら会社はデカくなる。結果はな 後からついてくるからサラリーマンしてるならな 会社のために頑張れ。」

こんな感じの人でした。

社会人ってより 会社人やったな。

こんな社員がいる会社にしたい。

そのためにはオレが頑張らなな。

今でも思い出しては気合い入るんやから

スゴイっすわ森係長^ ^

いつか こんなことやらせてもろてます!って

報告しに行きたいな。

なー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする